• パーティードレスは素材もこだわろう

    結婚式やいろいろなパーティーなどで着るパーティードレスは、いろいろなデザインのものがあります。素材もたくさんの種類がありますので、用途に合わせて選びましょう。定番の素材は、シフォン素材やオーガンジー、レースなどの華やかなものです。ただし、こういった定番の素材のものはお友達ともかぶりやすいです。写真を撮ったときに、色はちがっていてもなんとなく似たようなドレスの人が並んでいる、というになりがちです。例えば秋冬のパーティードレスであればベロアやモコモコの素材のものにしたり、夜のパーティーには透け感があるものや光沢感があるようなものも女性らしくフェミニンになりおすすめです。ただし、結婚式に出席する場合は多少の素材の制限はあるので注意しましょう。

    サテンのツルツルとした生地はオッケー?

    結婚式の場合、サテン生地のパーティードレスを着用することも多いです。シフォンやレースなどのかわいい系のものに比べて大人っぽく華やかな印象になるので、着る人はたくさんいます。しかし、実はお昼のパーティーには光沢感が強いということであまりおすすめできません。ツルツルしていて色っぽくなりすぎてしまう、というのがその理由です。夕方以降のパーティーであれば問題ないので、サテンのドレスでもオッケーです。そこまで気にしなくてもいい、という意見もあるもののいまのところは、フォーマルなお昼の場で着用する場合は、上からボレロやショールを羽織るなどある程度隠すといいでしょう。二次会などになれば特にサテンでも問題ありませんので、上から羽織ったものも脱いで大丈夫です。

    ラメやスパンコールのものは着てもいいの?

    サテンがNGであれば、ラメやスパンコールなどのキラキラとした素材もダメなのでしょうか。やはり、このようなキラキラが全体的についているものについては避けた方がいいでしょう。普通のパーティーであれば問題ありませんが、結婚式などについては主役級に目立ってしまいますのでおすすめできません。しかし、裾や胸元などの一部分についているという場合は特に問題ありません。シフォンなどのドレスに、ポイントとしてスパンコールやビジューなどがついていると、アクセサリー代わりの華やかさが演出出来ますので便利ですし写真写りもとっても良くなります。パーティー用のドレスを買う時は、このように写真の映え方も考えて選ぶといいかもしれません。素材によって写り方が全然ちがうものです。